読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年プレイした全ゲームひとことインプレッション~家庭用編~

2016年も多数のゲームがリリースされました。

筆者も時間の許す限り、色々とプレイしてきました。特に今年はPS VitaとPS4を購入し、久々にPSハードに本格的に触れることとなった1年でした。

 

ということで、今年1年どういうゲームをやってきたのか?

全タイトルひとことだけ感想を書いていきます!

ゲームブラザーズでやっている「ひとくちインプレッション」より短い「ひとことインプレッション」です!w

 

だいたい遊んだ順に並んでます。今年発売かどうかは問わず書きます。

ただ、ほとんど遊んでいないのは除外してます。

 

今回は家庭用ゲーム編です。

 

ドラゴンクエストビルダーズ

見た目は「ドラクエ版マイクラ」というキャッチーさを持ちながら、本質は探索して行動範囲を広げて物語を進めていく正真正銘の「RPG」なのでした。

ドット絵のように感じるサンドボックスとの相性も抜群でした。

ただ、作った町をモンスターに壊されるのは軽くトラウマになりそうで若干起動が億劫になりましたがw

基礎は完成されていると思いますので遊びやすくなった「2」を待ってます~。

 

いけにえと雪のセツナ

ボリューム感と戦闘の気持ちよさはなかなかよかったと思います。

音楽は凄く好きでした!ピアノだけに統一させているのが美しく、こういうのもアリと感じました。

物語がちょいと消化不良気味なのと、話を聞き逃すと目的の場所がわかりにくい点に関して惜しいです。

Vitaでプレイするとロード時間が処理落ちが目立つので今後VitaとPS4マルチには気をつけようと 心の中で誓ったのでした。

 

ぎゃるガンヴォルト

ロックマンライクな8bitアクションゲームです。

こういうレトロっぽいやつって難易度高そうなイメージですが、ほとんど死なずにクリアーしてしまうというユルさでした。

なんとな~く久々にアクションゲームやるか~というノリで遊べます。

 

ゴッドイーター

シリーズをちゃんと遊ぶのははじめてなのですが、アニメを見てるようなノリでハンティングアクションを楽しめる作品でした。

レベル3のゲージを維持しながらガツガツ攻めてく感じが楽しいです。

銃のカスタマイズとか複雑でほとんどやらなかった…厨二なノリの故、そこらへんが分かりにくかったりします。

 

討鬼伝・極

本作は「鬼の目」というシステムが存在し、使用している間、敵の部位がどれだけ効いてるのが色で識別されます。

ダメージが効いているのが見た目でみえる安心感と、次にどこを狙えばいいのか分かりやすく、システムとしても面白いです!

コーエーテクモならではの世界観と、分かりやすく完成度の高いシステムが融合し、
ハンティングアクションの痒いところに手が届いた良作です!

 

 

ぷよぷよテトリス

コツコツやればプラチナトロフィー狙えそうなのでたま~に起動してやってます。

最難関の対人戦のトロフィーは最初の方にとっておいたのであとは大丈夫だ!!

 

ファイナルファンタジー14

PC版を購入して、シナリオ重視でプレイしてみました。

2週間で新生エオルゼア時代に積み上げられたストーリーを終わらせました。

正直あの期間は廃人と化してた…w

MMORPGとは結構相性いいかもしれないと改めて思ったり。

 

ドラゴンクエストヒーローズ

ドラクエに無双のエッセンスが加わった作品ですが、

ドラクエブランドで出しているだけあって違和感がなるべくなく、ドラクエキャラを動かすのが純粋に楽しい作品に仕上がっていました!

堀井さんの監修がかなり行き届いてるんだなあと感心します…。

 

ラチェット&クランク THE GAME

シリーズ全作プレイ済みの大ファンだったりします。

リブート作らしい丁寧な作りでしたが、均しすぎてクセがなくなりすぎてるんじゃないかと思うのと、敵が硬くてなんか違和感感じるなあというのが正直な感想。

コアファン故、辛口になりがちですが美しくなって戻ってきたのは正直かなり嬉しいし、海外の売上も好調で今後の本格的なシリーズ復活に期待です!

 

風ノ旅ビト

休日に朝9時くらいに起きて10時までにゆっくりとこのゲームの準備をします。

お手洗い等済ませてノンストップでお昼まで旅をお楽しみください。

 

イース

あまり期待せずにはじめたのですが、これがかなり良作でびっくり!

サクサク移動できる爽快アクションと、駆け抜けるようなBGMの楽しさが3Dになってさらに加速するように面白くなりました!

ストーリーもかなり力がはいっています。

PS4版はもっと快適になるらしいので気になった方は来年やってみてね。

 

ペルソナ5

とにかくハイセンス。

プレイ時間は長いですが、ムダがほとんどないのが凄いところです!

メニューひとつとっても見栄えがあったり、戦闘のコマンドも選びやすかったりとJRPGのクオリティーが一段階上がるのを感じました。

アトラスの職人魂を感じる1作です!

 

ポケットモンスターサン

今回は冒険というより観光気分って感じでしょうか?

色んなロケーションを歩き回るのが純粋に楽しいです!

ゲームシステムも一ひねり入れてるのがなかないいです。

金銀リメイクより後のポケモンで一番好きですね!

 

タイタンフォール2

キャンペーンモードはAIとの絆の物語が良い!

生身の心細さとタイタンとの共同戦線の俺つええ感は心踊らされます!

マルチプレイでは、だいたい1試合で1回はチャンスが訪れるのでFPSマルチプレイが苦手でも割と遊びやすいのがとても良いです。久々にFPSでハマれました!

満足するほどはできてないので、時間とってもっとちゃんと遊びたいなあ。

 

ファイナルファンタジー15

ヴェルサスから見続けているだけあって、なんかもうタイトルみるだけで感無量な気持ちになってきました。

JRPGのトップを走るタイトルだからこそ、男達の冒険を描いたことにとても意味があると思うし、このゲームだからこその面白さが出ているな~と思いました。

今後のアップデートがきたらまた起動してみたい!

 

桃太郎電鉄2017

大好きな桃鉄が帰ってきました!

桃鉄って16くらいまではどんどん要素が肥大化して、それ以降は色々とシンプルになってきましたが、遊びやすさという点ではどんどんよくなってきてると感じます!

テキストも何十回とみるものに関しては以前と比べテキストがカットされていたり、膨大な種類があるカード説明のひとつひとつのフォローの良さだったりと歴史の積み重ねた結果、丁寧な作品に仕上がっています!

 

人喰いの大鷲トリコ

これもタイトルをみただけで(略

まだチュートリアル的なとこ終わったばかりなので

年内にはある程度遊べればな~と思います。

 

 

計17本。たぶん挙げ忘れも何本かありそう。。

忙しい1年だった割りに、そこそこプレイできたな~という印象です。

さて、次回はスマホタイトル編をお届けします!